既卒からでも就職できる


既卒はブラックしかない就職できないのか?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、どのように就活していますか?

既卒は、就職活動を繰り返していると就職したい一心になってきます。

なので、求人内容を把握せずに受けて、ずらっき企業に行くことが多いです。

今回は、既卒は就職が難しい理由やブラック企業を避ける方法を紹介していきます。

既卒は就職が難しくなる

既卒は、学校を卒業したけど会社で働いたことのない人を言います。

内定が一社もでなかった人と内定は出たけど断った人がいます。

どちらも同じ立場といえます。

いずれにしても就職は、学校を卒業して就職していないフリーターやニートの期間が長くなればなるほど、就職が難しくなるます。

それは、新卒であれば大量採用することでコストや人件費を抑えることができます。

しかし、既卒になると一人一人採用するために、企業もいらないということが多くなります。

さらには、学校を卒業すると知識や、仕事に対する熱意ややる気を感じづらくなってしまいます。

年齢の問題もあります。

時間が過ぎれば、同世代は経験を重ねて即戦力になってしまいます。

そうなると教えづらく、新卒で取ったほうがメリット大きいことになります。

だから、既卒になって年を重ねれば重ねるほど、就職が難しくなっていってしまいます。

既卒の方も、就職したい一心で片っ端から企業を受けていくことになります。

そうなると危険になることがあります。

求人の見方には気を付けるべき

求人探しの定番は、ハローワークになります。

ハローワークが国が運営しているので、求人掲載費が無料になっています。

それをいいことに、勤務時間、残業時間、休日などといった待遇面をデタラメに記載する企業があります。

ハリーワーク担当者を、見ては注意したり求人を削除したりしていますが、ブラック企業判別できないことが多いです。

だから、求人を確かめないで受けてしまうと、ブラック企業に就職してしまうことがあります。

素人では、ブラック企業かどうかの見分けが難しいことが現状なのです。

就職できないと苦しんでいる人が、やっと就職できたのがブラック企業だったことは良くある話です。

そうならないためには、就職探しを手伝ってもらうべきなのです。

就職支援サービスを使うべき

手伝ってもらうサービスが就職支援サービスです。

就職支援サービスは、一人一人に専任のコンサルタントがついて正社員で就職できるようにサポートしてくれます。

求人も、コンサルタンが職場に事前訪問して条件をクリアした有力企業ばかりです。

さらには、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォロー、まであります。

面接対策では、どのようにアピールすればいいのか、受け答えの練習を積み今朝寝ることができます。

既卒は、一人で就活するとするとブラック企業に就職することがあります。

就職活動が上手くいかな時は、就職支援サービスをぜひ使ってみてくださいね。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。