既卒からでも就職できる


既卒と第二新卒ではどちらが有利?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

既卒と第二新卒の違いは経験があるかないかです。

経験があると教えることが少なくなるので、企業にとっての負担が減ります。

というのも、教えるとなると時間とコストがかかってしまいます。

会社によっては、人手はほしいけど教える時間がないということはよくあります。

ここでいう経験者に当たるのが第二新卒になります。

第二新卒

第二新卒とは、会社に入って社会人経験を重ねたけど3年以内に辞めてしまった人のことを言います。

即戦力

なんといっても経験者ということです。

教えることが少なくて済んで、時間とコストの削減になります。

会社にとっては負担が減って、貢献することができるんです。

ビジネスマナー

社会人経験を積んでいることで、ビジネスマナーが身についています。

これがあることで信頼関係ができやすくなります。

仕事のやり方を理解しているので、仕事を安心して任せることができます。

若さがある

20代という若さがあるので、仕事の覚えが早く理解して仕事に活かすことができます。

さらには、熱意ややる気が感じやすくなって成長するスピードを速いのです。

だから将来性も期待され安くなります。

既卒

既卒は、就職したことがなく1度もなくて、社会人経験がない人のことを言います。

一見第二新卒と比べると、不利な部分が多そうですが既卒ならではのメリットもあります。

まずは、社会人経験がないことで会社の染まっていないことで新鮮さがあります。

何事にも文句を言わずに、まずは挑戦できるという思われてしまいます。

要するに、会社は育てやすい環境といえるのです。

その一方でやはり未経験ということで教えるための時間やコストがかかってしまいます。

一から教えてくれる企業が見つかればいいですけど、即戦力を求めているのなら就職は難しいと思います。

さらには、将来性も考えて若さがないと採ってくれません。

その見分け方として求人を見ればわかります。

未経験者OKと書かれていれば、既卒でも就職できる可能性はあります。

ですが、仕事内容が書かれていてまったくわからない、できないとなると厳しいこともあります。

少しくらいの知識や技術であれば、独学で磨くことができます。

最近では、ネットでググれば勉強できるサイトや動画まであります。

対策していれば、既卒でも就職できる可能性はあるのです。

既卒と第二新卒のどちらが有利かと聞かれると、明らかに第二新卒です。

ですが、既卒でも求人の探し方と対策で、就職できる可能性は高まります。

コメントする

既卒が楽な仕事に就くには

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

既卒の立場は低く見られている

学校を卒業して、就職してない人のことを既卒といいます。

既卒は、就職することが新卒や第二新卒よりも難しいのです。

まず、新卒は未経験であることは既卒と同じです。

ですが、大量募集してコストや教える時間を抑えることができます。

会社にとっては、教える時間は最小限にして、早く即戦力になってほしいと思っています。

若さがあるので将来性があるので、大量募集することができるの意です。

第二新卒の場合は、経験があって教えることが少なくていいので、会社にとっては助かる人材です。

また、若さがありスキルアップした人が多いので、成長してくれて同じく将来性があります。

では既卒はどのように見られているか。

既卒は、一人ずつ採用することがほとんどなので、会社にとっては負担になります。

だから就職することが不利になります。

就職活動をしても、何回も落ちてしまう人が多いのです。

やっぱり就職するなら高給料や高待遇の大手ばかり受けて、楽な仕事ばかり受けてしまうのです。

ですが、大手は学歴があったり、即戦力も求めているので採ってもらえません。

要するに既卒は、立場が低く見られているのです。

続けている間に、どこでもいいから就職したいと気持ちが強くなって片っ端から受けまくってしまいます。

求人内容や条件などを気にせずに受けることで、入ってからブラック企業だった話もよく聞きます。

就職支援サービスは使ったほうがいい

がむしゃらに受まくったところで、ブロック企業ではつらい思いをするだけです。

既卒も若さがあるので、やり方次第では就職できるはずなんです。

楽な仕事ができるとは限りませんが、ブラック企業しかないことはありませんよ。

一人でやってもうまくいかないときは、就職支援サービスを使ってみましょう。

就職支援サービスは、一人一人にコンサルタントがついて正社員で就職できるようにサポートしてもらえます。

まずは、コンサルタントの相談して、どうやれば就職できるのか、面接で不採用になっているのなら何がダメなのかを見てもらいましょう。

あなたの強みを活かした仕事を一緒に探せますし、面接対策ではアピール方法や受け答えの練習など徹底してやってもらえます。

扱っている求人は、スタッフが企業に足を運んで調査した優良企業ばかりです。

ですので、既卒でもサポートがあれば仕事を選ぶことができて、比較的楽な仕事もできるかもしれません。

全てのサービスが無料で利用できるので、ぜひ検討してみてくださいね。

コメントする

既卒だと眠れないこともある

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

既卒だと眠れない

就職活動は、求人探しから始まります。

自分が行きたい求人が見つかれば、履歴書や職務経歴書を書いて、面接を受けに行くといったことが大まかな流れです。

一回受ける人もいれば、何回受けてもなかなか受からない人もいます。

受からなければ、何回も受けることになるのですがそれがことごとく不採用になってしまうと不安に思うはずです。

自分は、就職できるのだろうかと・・・

早くフリーター生活から抜け出したい気持ちは日に日に増しますよね。

既卒になれば就職することは難しくなるのです。

それは、新卒だと大量採用することで、教える時間とコスト削減することができます。

しかし、既卒になると一人一人採用することになってしまいます。

さらには、学校で学んだことを少しずつ忘れていってしまうことも不採用になってしまう原因です。

既卒になってフリーターの時間が長くなればなるほど不利な状況になってしまうのです。

面接官の質問が怖い

就職活動で一番不採用になりやすいところが面接です。

面接官は、「どうしてこれまで就職しなかったんですか」「フリーターの間は、何をしていましたか」と分かっていることをあえて聞いてきます。

これって、どう答えたらいいか分からないし、怖いですよね。

「アルバイトで経験を身につけていた」というくらいしかできないですよね。

しかし、私もそうでしたがあまり納得してもらえないですよね。

アルバイトで経験したのだから、就職できると思っていても面接で不採用になってしまう・・・

それは、あなたが思っていることが面接官に伝わっていないのです。

伝われば、就職できる可能性は高まります。

既卒に求められることは、経験ではなく熱意ややる気といったことのほうが大きいのです。

就職支援サービスを使う

就職支援サービスと使うと、コンサルタントの方に相談して、面接の対策をしてもらうことができます。

面接対策では、どのように伝えたらいいのか?

質問の答え方などをアドバイスもらえながらアピールできるようになります。

コンサルタントは、これまであなたと同じ既卒の方を何人も就職させてきた人たちです。

きっとあなたが就職できるようにサポートしてもらえるはずですよ。

コンサルタントに相談するには、就職支援サービスの登録するところから始まります。

もちろん、登録してサービスを利用することには一切費用は掛かりませんからね。

既卒の方で就職できないと悩んで眠れなければ、万全の態勢で面接にも挑むことができなくなります。

まずは、就職支援サービスを検討してみてくださいね。

ただし就職支援サービスを使わずとも、ニクリーチなどのOB訪問だけで就活を決める人もいます。

これはこれで参考になるので、チェックして損はないですよ。

コメントする

既卒になった大学院は就職できる

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

大学院卒だと就職はできる

大学院卒は、高度な知識や資格を持っていることで就職が有利といえます。

会社は、同じ未経験であれば知識があったほうが、仕事ができることが多いです。

それは知識があれば、いろんなことを考えて効率よくするからです。

また資格があれば、知識があることはもちろんのこと仕事の幅が広がります。

イメージとしても大学院卒は賢そう、頼もしい、理解力がある、発想力がある、思考力があると思われれます。

大手企業になればなるほど、優秀な人材を確保して業績をアップさせたいと思っています。

だからこそ、就職が有利、それも大企業でも入れる可能性があるのです。

既卒になってしまうと不利だといえる

では、大学院卒だけども就職できなかった既卒はどうでしょうか?

既卒になると時間がたつにつれて就職は難しくなってしまいます。

未経験でも採用する理由としては、「将来性」があるからです。

教えていく時間とコストはかかってしまうけど、即戦力になったら、将来貢献してもらえると考えています。

そのためには教えるためにある程度の時間がかかります。

なので若さが必要になります。

年齢を重ねれば、それだけ貢献してもらえる時間が遅れてしまいます。

つまり未経験であれば若さが必要なのです。

大学院卒は若くても24、25歳くらいにはなっています。

卒業してさらに時間が過ぎれば年齢を考えると、前述のように不利になってしまいます。

知識も使ってなかったら少しずつ忘れていってしまいます。

大学院卒のメリットがなくなってしまうのです。

中小企業は、受けたいと思いませんよね。

せっかく大学院までプライドが高くなっているからです。

だ方こそ、早めに就職しないといけないのです・・・

就職するためには

就職コンサルタントのアドバイスを受けることで就職がしやすくなります。

それは、自己PRや面接の受け方などアドバイスを受けながら面接練習を積み重ねることができます。

もしかしたら。あなたの良さや強みをアピールできていないのかもしれませんね。

他にも就職相談や履歴書・職務経歴書の書き方、就職してからのフォローまでありますよ。

求人は優良企業のみを取り扱っており、大手企業の多数あります。

就職支援サービスに登録することで、コンサルタントのアドバイスを受けることができます。

既卒になった大学院卒のあなたも、20代であれば就職することはできます。

せっかくの大学院を無駄にしないためにも、就職がうまくいかないと感じている人は検討してみてくださいね。

コメントする

既卒が有利とはいいがたい

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

既卒は第二新卒と違う

あなたも就職活動をしているなら既卒と第二新卒の言葉は聞いたことがあるはずです。

既卒は、就職活動したけど内定がもらえなくて、そのまま学校を卒業したままフリーターになってしまった人のことを言います。

一度卒業してしまうと「新卒」というブランドがなくなってしまうことで不利になってしまいます。

新卒であれば、未経験でも大量採用することで教える時間とコストを削減することが可能となります。

また、将来性もあって熱意ややる気を感じやすくなります。

ですが既卒だと、一人一人採用することが多いので時間とコストを考えて新卒より不利な状態といえます。

就職活動でのよく聞かれるワードとして第二新卒があります。

第二新卒は、3年未満でやめてしまっていて経験が少ないです。

ですが、社会人経験をした当いうことでこれまでの経験や実績はあるはずです。

さらには、ビジネスマナーがあることで仕事を楽しやすく任せても大丈夫だろうと思われることもあります。

今後、スキルアップかつ経験があることで転職することができますね。

だから既卒と第二新卒では明らかに就職の難しさに違いが出てしまうのです。

今では、新卒でもない第二新卒でもない既卒は留年とわざとすることがあります。

就職留年とは

就職留年とは、卒業できる単位があるのにわざと留年することです。

留年することで「新卒」のブランドは残るために、就職活動に専念します。

有利になる一方で、学費がかかってしまったり企業によっては履歴書を見れば留年したことがわかるのでつまっれることもあります。

就職浪人とは

就職浪人とは卒業をして、就職活動を続けていることになります。

これが、既卒に当たります。

つまり就職留年と就職浪人だと、新卒というブランドがあるので就職留年のほうが就職に有利といえます。

では就職浪人つまり既卒は就職ができないかといわれるとそうではありません。

会社は、若があれば採ってもらえる企業もあるからです。

それは、若さがあればたとえ未経験でも教えることでスキルを伸ばして成長させることができるからです。

つまり新卒や第二新卒よりかは就職は有利とはいいがたいけど、面接でのアピールすることで就職はできる可能性はあります。

若さがあっての話なので、就職浪人・既卒の方は一日でも早く就職することが必要であるといえそうですね。

面接に行く前には、就職してからどんなことをしたいのか、できることは何があるのかなど考えて熱意ややる気を見てもらえるようにしておきましょう。

コメントする

既卒でうつになる人が多い

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

既卒はうつになりやすい

既卒者になると、学校のサポートが受けらなくなら自分で探さなくてはいけません。

自分で探すと、求人の見分けができなくてブラック企業に就職してしまったことはよく聞きます。

上司からのモラハラ、人間関係、残業が多い、休日がないなどが引き金となって、やがてうつになって辞めてしまうことがあります。

そうなると、次の就職先を探すにも怖くなってしまって「また同じような経験になったらどうしよう」と思ってしまうのです。

うつからやってしまうこと

うつになると、なかなかたてなおりが難しくなってずるずると就職できないことを引き延ばしてしまいます。

その典型は、二つに分かれます。

引きこもり

人と対面することが怖くなって家にいることが多くなります。

引きこもり状態となります。

最初は、少し休んで就職活動を再開すればいいと考えてしまいます。

ですが、時間が過ぎるごとに外に出ることさえもためらうようになるのです。

自分では、何とかしないといけないも思いながら、うまくできないことがあります。

誰にも相談できずに、一人で悪いことことばかりが頭によぎってしまうんです・・・

アルバイト

引きこもりよりかは軽度で、アルバイトから始めようとします。

なぜなら、アルバイトなら働く時間も短いので、精神的につらく思わないからです。

また、嫌になったらすぐに辞めれるということもあります。

アルバイトの生活だったら続けられるけど、正社員だったら一歩が踏みだけないケースもあるのです。

紹介したように、うつになればなかなか再就職できる精神状態に戻れないことがあります。

就職支援サービスが、頼みの綱になるかも

いつまでも、引きこもりやアルバイトを続けていくことにも無理があります。

これらの人は、両親に援助してもらってなんとか生活できているからです。

もし、両親が病気になれば生活が厳しくなりますよね。

だからこそ、正社員の第一歩として使ってほしいサービスがあります。

それが「就職支援サービス」なのです。

就職支援サービスは、専任のコンサルタントが一人一人について正社員で就職できるようにサポートしてもらえます。

使ったからと言って、今すぐに就職しないといけないのではありません。

就職相談から受けられて、心のケアやこれまでのつらかった出来事の相談からできます。

これまでにも似たような方が、多く受けられて相談して気持ちが吹っ切れたから就職できた方も多くいます。

ですから、既卒のあなたも今うつになっていることを相談するだけでも、就職する気になるかもしれないので、使ってみてくださいね。

コメントする

ニートになったコミュ障でも就職できる

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

最初は、早く就職したいという気持ちがあって、不採用になってもあきらめずに受ける人も多いです。

就職活動が思い通りにいかなかったら少しずつ少しずつやる気がなくなってきますよね。

面接ではいつも同じように不採用通知が届く日々…

それは、コミュ障だと思ってしまう方は言いたいことが伝わっていなかったり、質問にも見当違いの答えをしてしまうからです。

面接官は、コミュニケーションが取れないと判断してしまいます。

企業で一番求めていることは、コミュニケーション能力です。

仕事をするうえで、コミュニケーションがないと連携が取れずミスにつながると思われてしまっているからです。

要するに、仕事ができないと判断されてしまっているのです。

一刻も早く就職したいと思いは強くなって、自分なりに鏡を見て練習したり、録音してどのように聞こえてるか確認して改善するけど結局は同じことが多いです。

それは、自分ができているところとできていないところとの区別ができていないからです。

改善することで、逆に悪くなってしまうケースもあります。

もう自分ではどうしようもない、就職できないとあきらめがちになってしまうのです。

就職活動から逃げてしまって、アルバイト生活で食いつなぐ日々、そればかりか家に引きこもりがちになってしまうことも多いのです。

時間だけ過ぎていくと、年齢を重ねていって就職じだいが難しくなってしまいますよ。

20代であれば熱意ややる気といったことで未経験でも就職することは可能性があります。

ですが、30代を過ぎれば同世代との実力の差が出て、会社としては採用する意味がないと思われてしまいます。

正社員で就職したいのだったら30歳まで、さらに言えば若ければ若いほど就職できる可能性は高まります。

なぜなら、将来性もあり職場関係を築きやすくなるからです。

コミュ障だとおもってしまう方のように一人で就職活動しても思い通りにいかない人は、就職コンサルタントにサポートしてもらうことが一番です。

就職コンサルタントは、これまでに多くの就職支援を行ってきています。

面接でどんなことを言って、気を付ければいいかなど熟知しています。

ですので、アドバイスをもらいながら練習を積み重ねていくことで、就職できる可能性は高まります。

ニートになったコミュ障だと思ってしまう方でも、20代であれば正社員で就職できるチャンスはあるのです。

まぁ大変ではありますが、ぶっちゃけニートから正社員に就職できた人だっているわけです。

就職コンサルタントにアドバイスをもらうには、就職支援サービスに登録することが必要になります。

無料で使うことができるので、ぜひ検討してみてくださいね。

コメントする

既卒と中途採用の違いは何か?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、既卒と中途採用の違いが分かりますか?

既卒は、学校を卒業してしまっているので中途採用になります。

ですが、若さがあれば新卒採用でも応募できrことがあります。

今回は、既卒と中途採用の違いから見えてくる対策法に迫っていきます。

既卒と中途採用の違いは?

既卒とは、就職活動に失敗して、一度も会社で働いたことのない人のことを言います。

新卒と比べると、就職は不利といえます。

それは、新卒は未経験だけど一度に大量採用することで、教える時間とコストを抑えることができるために就職しやすいといえます。

しかし、卒業して既卒になってしまうと、一人一人採用する形が多く、しかも学校で学んだ知識を忘れていってしまいます。

だから、時間が立てば立つほど不利になってしまいます。

その一方で、若さがあるのでアピールすれば就職できる可能性があります。

既卒のことに触れてきましたが、受け方についてでも大事なことがあります。

それが「新卒採用か中途採用」でいうことです。

新卒採用は、紹介したように新卒に向けて採用することです。

一方で、中途採用は経験者がある方に行われる採用方法です。

経験があることで、企業は即戦力として雇うことができるので、教えることが少なくなり指示した通りの仕事をすることができます。

また、ビジネスマナーや仕事に対する取り組み方が理解できているので、仕事を任せやすいことにもなります。

一方でいいことばかりではなく、同じ会社にずっといることで仕事に対する考え方や固定概念が身に付いていることがあります。

指示したことを無視して自分のやり方でしたり、自分の意見ばかり押し付ける人もいます。

人間関係や職場の空気を悪くしてしまいます。

だから、中途採用は即戦力はあるけど、扱いにくいところもあって不利になることもあるのです。

既卒は、中途採用ではあるけど若さがあるので、教えたことに素直に聞けてやってくれます。

若さから、熱意ややる気が伝わりやすいのです。

既卒はどのように応募したらいい?

既卒は、中途採用で応募しがちです。

確かに、紹介したように中途採用になって、「未経験者OK」「経験不問」と求人もあるので、就職はできます。

新卒採用は、若さがあれば応募することは可能だったりもします。

大量採用すること、既卒でも採用されることはできます。

いずれの応募に関しても、既卒の良いところは若さがあるといいことです。

既卒と中途採用の違いは、経験があるかどうかといえます。

出来る限り早く、就職活動して熱意ややる気を伝えることで就職できる可能性は高まるといえますね。

コメントする

既卒は未経験なので就職が難しくなる

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、就職活動が上手くいってますか?

学校を卒業して既卒になってしまうと、未経験なので就職が難しくなります。

ですが、若さがあれば就職支援サービスを使うことで、就職できる可能性が高まります。

今回は、既卒が就職が難しい理由や対策法に迫っていきます。

既卒は、未経験だということ

既卒とは、学校を卒業したけど一度も就職出来なかった人のことをいいます。

もちろん未経験なので、企業は教える時間とコストがかかってしまいます。

新卒は、未経験でも大量採用することで、一斉に教えることができるので時間や人件費を抑えることができるので就職しやすくなります。

しかし、既卒になってしまうと一人一人採用する場合がほとんどで、知識が少なくなってしまうので就職することが難しくなります。

結果、既卒になってしまうと就職活動をあきらめてフリーター生活になる人も多くいます。

既卒が就職するためには、何が必要なのでしょうか?

既卒が就職するためには

既卒は、学校を卒業して時間がたってなければ、若さがあります。

企業は、若ければ若い人を取りたがります。

なぜなら、同じ未経験でも若さがあれば、熱意ややる気が伝わってきやすく、教える時間を考えても即戦力として期待されるからです。

それに、上司や先輩からも教えやすくなって、人間関係を良好に築くことができると思われるからです。

そのためには、就職してから何がやりたいのか・どんな仕事に関わっていきたいのか、将来の目標などを持っていることが大事なのです。

これらをアピールしていくことで、面接では熱意ややる気が伝わりやすくなって、未経験の既卒でも「採用してみようか」となるかなるわけです。

ですが、年齢を重ねてしまうと若さがなくなってしまうので、採用してないことも多くなってしまうのです。

若いうちの間に、就職できるように対策を打たなければいけません。

面接でアピールに不安があるあなたは、就職支援サービスを使ってみることがオススメです。

就職支援サービスを使うことをオススメ

就職支援サービスは、一人一人に専門のアドバイザーがついて、正社員で就職できるようにサポートしてもらえるサービスです。

アドバイザーが、あなたとカウンセリングして最適な対策を一緒に考えてもらえますよ。

面接対策では、模擬面接をしてどのようにアピールすればいいのか、受け答えのコツなどアドバイスをもらいながらじっくり練習を積み重ねることができます。

若さがあるうちに、就職活動しておくと未経験の既卒でも就職することができます。

就職活動の方法が分からない、面接に自信がないあなたは、ぜひ就職支援サービスを使ってみてくださいね。

コメントする

既卒の高卒でも就職できる

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなた、就職活動に失敗していませんか?

既卒になってしまうと就職が難しくなります。

ですが、高卒でも協調性をアピールすることで就職できる可能性が高まります。

今回は、アピールしていく理由と対策法に迫っていきます。

既卒だという現実がある

既卒とは、学校を卒業したけど一度も就職できなった人のことを言います。

学校を卒業してしまうと、就職が難しくなってしまいます。

新卒であれば、未経験でも将来性のこと、仕事の対する熱意や・やる気が感じられる、職場に溶け込めやすいなど理由があります。

卒業してしまうと、学校で学んだ知識を忘れていってしまいます。

未経験だと、教えていかなければいけません。

そのためには、時間とコストがかかってしまいますが、紹介した理由と新卒を大量採用することで、抑えることができます。

しかし、既卒になると一人一人採用することになるので、就職が難しくなります。

高卒を活かすことで就職できる

既卒は新卒に採用されづらいことになります。

ですが、高卒ということがメリットだといえます。

高卒はなんといっても若さがあります。

若さがあれば、未経験でも育てていこうする企業も多くあります。

だからこそ、即戦力よりも人柄を重視されます。

未経験なりにどうなって仕事ができるのかアピールすることが大切なのです。

そのために必要なことが「協調性」です。

協調性は、一人一人考え方や思っていることが違うことを、互いに意見を出し合ったり同調することなのです。

そうすることで、協力で一つの仕事が出来上がって、人間関係も良好に保つことができるのです。

協調性を面接でアピールして、面接官に伝えることで高卒の既卒でも就職できる可能性が高まります。

ですが、どうやってアピールしていけばいいのか不安の方もいますよね。

就職支援サービスを活用する

就職支援サービスを使うことで、専任のコンサルサルタントが一人一人に合ったサービスをすることで正社員で就職することができます。

就職相談、職探し・履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォローまで受けることができます。

あなたの不安なこと悩みなどを親身なって相談に乗ってくれますよ。

これまで多くの就職支援をしてきたからこそ、アドバイスの説得力がありますよ。

面接対策では、模擬面接をすることで出来ていない箇所を改善しつつ、どのようにアピールすればいいのかアドバイスをもらえます。

既卒の高卒でも、協調性をアピールすることで就職できる可能性が高まります。

ただし、年齢を重ねると協調性がなくなってしまうので、早く就活に取り組んで就職支援サービスも活用していくことをオススメします。

コメントする

既卒はブラックしかない就職できないのか?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、どのように就活していますか?

既卒は、就職活動を繰り返していると就職したい一心になってきます。

なので、求人内容を把握せずに受けて、ずらっき企業に行くことが多いです。

今回は、既卒は就職が難しい理由やブラック企業を避ける方法を紹介していきます。

既卒は就職が難しくなる

既卒は、学校を卒業したけど会社で働いたことのない人を言います。

内定が一社もでなかった人と内定は出たけど断った人がいます。

どちらも同じ立場といえます。

いずれにしても就職は、学校を卒業して就職していないフリーターやニートの期間が長くなればなるほど、就職が難しくなるます。

それは、新卒であれば大量採用することでコストや人件費を抑えることができます。

しかし、既卒になると一人一人採用するために、企業もいらないということが多くなります。

さらには、学校を卒業すると知識や、仕事に対する熱意ややる気を感じづらくなってしまいます。

年齢の問題もあります。

時間が過ぎれば、同世代は経験を重ねて即戦力になってしまいます。

そうなると教えづらく、新卒で取ったほうがメリット大きいことになります。

だから、既卒になって年を重ねれば重ねるほど、就職が難しくなっていってしまいます。

既卒の方も、就職したい一心で片っ端から企業を受けていくことになります。

そうなると危険になることがあります。

求人の見方には気を付けるべき

求人探しの定番は、ハローワークになります。

ハローワークが国が運営しているので、求人掲載費が無料になっています。

それをいいことに、勤務時間、残業時間、休日などといった待遇面をデタラメに記載する企業があります。

ハリーワーク担当者を、見ては注意したり求人を削除したりしていますが、ブラック企業判別できないことが多いです。

だから、求人を確かめないで受けてしまうと、ブラック企業に就職してしまうことがあります。

素人では、ブラック企業かどうかの見分けが難しいことが現状なのです。

就職できないと苦しんでいる人が、やっと就職できたのがブラック企業だったことは良くある話です。

そうならないためには、就職探しを手伝ってもらうべきなのです。

就職支援サービスを使うべき

手伝ってもらうサービスが就職支援サービスです。

就職支援サービスは、一人一人に専任のコンサルタントがついて正社員で就職できるようにサポートしてくれます。

求人も、コンサルタンが職場に事前訪問して条件をクリアした有力企業ばかりです。

さらには、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォロー、まであります。

面接対策では、どのようにアピールすればいいのか、受け答えの練習を積み今朝寝ることができます。

既卒は、一人で就活するとするとブラック企業に就職することがあります。

就職活動が上手くいかな時は、就職支援サービスをぜひ使ってみてくださいね。

コメントする

既卒の年齢制限はいつまで?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、年齢を気にして就活していますか?

既卒になれば、年齢制限があります。

また、30歳を過ぎてしまうと就職できなくなるかもしれません。

今回は、既卒が年齢制限を気にしなければいけない理由を紹介していきます。

既卒の年齢制限はいつまで

既卒は、就職活動をしたけど失敗して、そのまま就職できなかった人のことを指します。

就職が一番有利なのは、新卒だといわれています。

なぜならば、会社は若ければ若いほど、将来性があると判断するからです。

未経験であれば、教える時間とコストがかかります。

その間、会社にとっては利益を上げたいのにできないいわゆる無駄な時間になってしまいます。

会社は、即戦力になる時間を考えると、新卒を採りたいと思ってしまうのです。

また仕事に対して、熱意ややる気を感じられる点もあります。

仕事をして「よしやるぞ」と思える人であれば、自分の成長にもなりますし、会社にとっても即戦力なってk¥もらえる可能性が高いです。

だから将来性を期待して、未経験でも新卒したいのです。

しかし、学校を卒業してしまうと既卒扱いになってしまいます。

紹介したような時間やコスト、将来性が少しずつ薄れてきます。

新卒というブランドはなくなってしまいますが、まだ若さがあるので就職はできます。

既卒でも就職しやすそうなのが、卒業して3年ないといわれています。

それまでは、階差者も採用に前向きになってくれるのです。

26歳を過ぎてくると就職が難しくなってくる

既卒になって3年をしまう26歳くらいから就職が難しくなってしまうのです。

それは、同世代と比較されてしまうからです。

同世代は、就職して3~4年になってきているころです。

仕事もある程度一人でこなせるようになってきて、入った時は一番下だったのに後輩もできてきます。

先輩になって、後輩に仕事も教えてもらうポジションになっているのです。

就職できない既卒と比べれば、実力の差が浮き彫りになってくるのです。

採用と時には、同世代と比較されてしまうので、採用に躊躇してしまう企業も多くなってくるのですね。

ですが、教えればなんとなく企業もあることは事実です。

あなたの、やる気次第で同世代に追いつくこともできるのです。

30歳をすぎると就職できないかも

就職できるはできないかの境目は30歳といわれています。

30歳になると、同世代とは明らかに実力の差が広がってきてしまいます。

そのうえ、仕事を教えることに加えて社員の仕事を管理するポジションを任されえる人も出てきます。

後輩もたくさん増えてきます。

これからも分かるように、30歳を過ぎて未経験だと就職できないかもしれません。

最悪の事態にならないように、既卒でも早めに就職できるように行動することが大切だといえます。

就職には、年齢制限があるものと思って、理解してほしいと思います。

コメントする

既卒が面接で聞かれることとは?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、面接に苦労していませんか?

既卒は、働いていない期間があることで面接で不利になります。

ですが、フリーターの間に就職するためにアピールをしていくことで、面接を乗り越えることができます。

今回は、既卒が面接で苦労する理由と対策法に迫っていきます。

既卒は面接で苦労する

既卒とは、就職活動はしたけれども失敗して、どこにも就職できなかった人のことを言います。

就職は、若ければ若いほど有利になります。

それは、仕事の覚えがいいとか、働く熱意ややる気が伝わりやすい、なによりも将来性があるということです。

未経験だと教えていかなければならず、コストと時間がかかってしまいます。

ですが、新卒のような若い人は育てる時間が多少かかったとしても、「これから即戦力としてくれたらいい」と企業側も考えてくれます。

しかし、既卒になると働かないまま年齢だけ重ねているので、不採用になることも多いのです。

就職活動で一番難しいことが「面接」で、苦労してしまいます。

では、既卒に面接官はどんなことを聞いてくるのでしょうか?

既卒者が面接で聞かれること

面接官がきいてくる質問には意図があります。

それは、どんなことなの紹介していきます。

空白期間内をしていたか?

就職できない時が長くなれば空白時間も長くなります。

空白期間とは、働いていない期間のことです。

その間、就職するために知識を付けたりだとか、練習を重ねるといった目的を持っているといです。

しかし、何をしないまま時間を過ごしていたとなると、ますます採用してもらえないことが多いです。

志望動機が何なのか?

面接を受けにきた人の中には、志望動機もない人も多いです。

そのような人は、面接官が突っ込んだ質問をすると答えられないことが多いです。

就職して何をしたいのか、どんな仕事をやっていきたいのか自分の考えを持っていることが大切です。

持っていると、就職してからも成長できますし会社のためにも貢献することができますよ。

何でフリーターをしていたのか

就職できなかったらフリーターをする人が多くいます。

しかし、フリーターをしていることからたくさんあります。

例えば、仕事での礼儀やビジネスマナーを身に付けた、正社員で就職するためにスキルアップしていたなどがあります。

就職できるように、フリーターをしてしたことがあれば採用につながりやすくなりますよ。

紹介してきたように、就職できなくて既卒になってしまったからといって、無駄な時間にならないことが大事なのです。

フリーターをやっていたとしても、就職するために必要だったことことが思えるようにしなければいけません。

しっかりアピールできることで、既卒でも面接を乗り越えて就職でることができますよ。

コメントする

既卒の就活時期はいつからがいいの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、いつごろ就活していますか?

時期によっては不採用になる可能性が高くなってしまいます。

既卒が比較的就職できやすい時期は、3月・8~10月になります。

今回は、なぜこの時期が就職しやすいのか理由について紹介していきます。

既卒でも就職はできる

既卒は、学校を卒業してから就活にして1~3年社会で働かずに、25~29歳くらいになった人のことを言います。

もしくは、働いたとしても1年未満で辞めた人です。

いずれにしても即戦力になる人材とは言えないのです。

会社は、できる限り未経験よりも即戦力になる、しかも若い人を取りたがります。

なぜなら、教えるとなったら人件費がかかってくるからです。

これが、新卒だと若いし、仕事の覚えもいいために「育てていこう」となります。

しかも、大量に採用することでコストも低く抑えることができます。

だから既卒というのは、未経験で新卒に比べて若さがなくために、就職は難しいのです。

ですが、既卒でも比較的就職できやすいシーズンがるんです。

就活時期のオススメは3月、8~10月

既卒は、採用している時期は1年中です。

その中でも就職しやすいシーズンに受けることで、採用される可能性が高くなってきます。

それが、3月と、8~10月になります。

まず、3月は4月に新卒が入社することで、既卒でも一斉に教えることができるから、コストを抑えられるからです。

だから、未経験でも熱意ややる気があることで「採用してみよう」となりやすいのです。

次に就職しやすい時期は8~10月です。

4月で入った新卒も、働いてみてやっぱり仕事に向かない、別の仕事をしたいと思う人が出てきます。

そのような人たちが夏くらいにかけて多く辞めていきます。

だから、会社は人手不足になるのです。

また、9、10月くらいにかけて会社によっては人事異動をすることによって、部署によっては欠員が出ることもあります。

そこをなんとかして受けたいために、採用されやすいかもしれません。

逆に、1、2月は就活を避けたほうがよさそうです。

なぜなら、多くの会社が3月を決算時期にしています。

だから1、2月は仕事の忙しくがピークになっていることもあり、面接できたとしても早く終わらされる可能性が高いです。

なにもアピールできないままで終わってしまうから、不採用になりやすいです。

既卒が就活するには3月・8~10月の時期が比較的採用されやすいのです。

1、2月で準備しておいて3月に受けてみることがオススメですよ。

コメントする

既卒でも公務員になることはできるの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、公務員をあきらめていませんか?

公務員は、新卒でも既卒でも30歳までならなれます。

しかも、学歴や規則は関係なく平等に見てもらえます。

今回は、公務員になれる具体的な理由や対策法に迫っていきます。

既卒でも公務員にはなれる

公務員は、普通の会社員と違って若いほうが有利というわけではありません。

公務員試験は、一次試験と二次試験があります。

一次試験は、一般常識・小論文・適性検査といった筆記試験となります。

二次試験は、15~20分くらいの面接になります。

公務員は、30歳までなら、職歴・学歴関係なしに受けることができます。

新卒が有利のように思えますが、既卒でも平等に審査してもらえます。

ここが、一般の会社員と大きく違うところですね。

一次試験では、筆記試験なので対策をいろいろできます。

小論文なら、日ごろ新聞やニュースを見て時事ネタを仕入れて、どんな書き方をしているのか、何を書いたら伝わるのか分かります。

自分でも、その書き方をまれて練習することで、読んでもらいやすい、わかりやすい文章が書くると思います。

適性検査では、自分の考え方やもののみかたといったことが重要になります。

穴tの性格が出やすいところが、対策が難しいですが過去の問題を参考視して対策ができます。

一般常識では、参考書を買って過去問を反復して解くようにしましょう。

初級や中級などあるので間違えないようにしてくださいね。

分かっているかもしれませんが、全く同じような問題は出ないと思うので、傾向を掴んで苦手分野を徹底してやることが重要ですね。

筆記試験は、このように自分なりに対策することができますね。

面接対策はどのようにしたらいいのでしょうか?

面接でもどんなことをアピールしたらいい

まずわかってもらいたいのは、公務員の面接ということです。

公務員は、市民のために働くことがモットです。

だから、就職してからどのように活動していけば、市民の人の助けになるのかということを体験談をもとに話してみましょう。

特に既卒の方なら、フリーターの時に何をしていたかということが大事です。

それには、あなたのアルバイトやボランティア活動などがわかりやすいと思います。

例えば、アルバイトで困っているお客産にどのような対応ができたのか、あなたはどんなことを思って行動できたのかアピールできるといいですよ。

常に、自分が良かったことも大切ですが、相手がどのように思ってもらえたのかということですね。

面接に伝われば、既卒であろうが公務員になれる可能性は十分ありますよ。

コメントする

既卒に使ってほしい就職エージェント

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、就職活動で不安なことはありませんか?

不安な方は、一人でするのではなくサポートしてもらうことがオススメですよ。

就職エージェントを使うことで、早く就職できるかもしれません。

今回は、使ってほしい就職エージェントの理由や特徴に迫っていきます。

就職エージェントは、既卒者に最適

既卒の方は、就職に不利になることは間違いありません。

就職は、新卒の時が一番採用されやすく、就職できなかったら年齢を重ねるごとに不利な状況になるのです。

既卒は、社会人経験がない人のことを言うために、即戦力でアピールすることはできません。

だから熱意ややる気といったことでアピールしていくしかありません。

そのために就職できるのか?という人も多いのです。

アピールしたことが面接官に伝わるといいですが、不安だなと思ってしまう人も多いですよね?

だから、一人で就活するとかえって就職できなくて年齢を重ねていくことになりかねないのです。

未経験のまま、30歳になってしまうと就職がかなり厳しくなっていしまいます。

そうなるためには、一人で就活するのではなくて、就職エージェントを使うことが最適だと思います。

就職エージェントは、専任のサポートを受けながら就活することができます。

職探しから、履歴書・職務経歴書の書き方・面接対策、就職後のフォローまで全てサポートしてもらえます。

20代を中心に、フリーター既卒・第二新卒の方が使います。

就職エージェントには、いくつかありますのでオススメのサービスを3つほど紹介していきます。

オススメしたい就職エージェントはこれ

紹介するサービスは、どれも一人一人に親身になって正社員で就職できるようにサポート体制が充実しています。

紹介していくので、それがいいか選んでみてくださいね。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、利用者の20代が90%でしかも3人に2人がフリーター・既卒・第二新卒の方が多く使っています。

これまでの就職支援実績60000万人以上、就職内定率も80%に表れています。

模擬面接をすることで、実際の面接を想定しながら受け答えの練習ができますよ。

アドバイザーの方が、どんなことを伝えたらいいのか、質問の答え方など丁寧の教えてもらえます。

ウズウズキャリアセンター

ウズウズキャリアセンターは、一人一人に平均の面接対策24時間、面接前には2時間の練習をしてもらえます。

だから、面接に自信がない人でも受け答えが上手くなり、就職できるようになるのです。

独自で行った既卒専門の10年のノウハウを活用して、サポートしてくれるから就職内定率80%以上あります。

さらには、就職定着率も92%と就職してからも安心できるような体制があるのも魅力だといえますね。

ジェイック

ジェイックは、10日間の就職支援講座を無料で受けられることが特徴です。

これは、多くのメディアに取り上げられているいるからこそ、安心感があります。

コミュニケーションスキルだけではなく、ビジネスマナーや即戦力といったことも身に付きますよ。

営業職が中心ですが、求人数も50000件以上の契約企業、3,000件の非公開求人を取り揃えています。

紹介した就職エージェントを一つだけではなく、複数使ってみることでより早く就職することができますよ。

コメントする

既卒と第二新卒の違いは?就職できるの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、既卒と第二新卒の違いが分かりますか?

既卒は、就活が難しいことは確かです。

でも、既卒の良さもあります。

今回は、違いの理解して既卒が就活でできることを紹介していきます。

既卒と第二新卒の違いは?

求人票を見ていると、既卒と第二新卒ってひょ雨季がありますよね。

どちらも同じだと思ってはいませんか?

違いははっきり分かれます。

まず既卒は、社会人経験がなく卒業してから1~3年たっている人のことを言います。

一方で第二新卒は言い方に多少の違いはありますが、社会人経験が3年未満で25~29歳のことを言います。

つまり違いは、社会人経験が少しでもあるかないかということです。

この経験者ということが、採用する時の一つの判断材料になることが多いです。

経験者であれば、入ってから教えることがすくなり、人件費の節約になります。

さらには、即戦力として使えるかもしれないので、第二新卒の方が有利となります。

よくあるのが、忙しかったり教える人がいないために「既卒だと取らないよ」という求人もあります。

だから受けれる求人が少なくなのも事実です。

かといって、就職しないでフリーターのまま20代後半となり、30代に突入してしまうと就職できないことが多いです。

20代であれば熱意ややる気があれば就職は、まだ何とかできますが30代になる未経験者はほぼ採ってくれません。

しかも就職は若ければ若いほど有利になります。

社会人経験を積まないままに、年齢だけを重ねるだけで就職でいない、後戻りができなくなります。

だから、職歴がない状態を作らないようにすることが大事なのです。

既卒は、第二新卒よりも就職が不利と言いますが、良さもあります。

既卒には良さがある

第二新卒だと、経験は少ないものの、仕事のやり方が身に付いているかもしれません。

そのやり方を変えずに仕事をする人も多く、会社にとっては固定概念が嫌という所もあるのです。

既卒は、社会人経験ために会社のやり方に順応できやすいメリットもあります。

後は、熱意ややる気を面接で見せられるかどうかになります。

面接では、就職してからどのような仕事に関わっていきたいか、仕事に対する意気込みを自分なりに伝えていきましょう。

第二新卒よりかはうまく就活ができないかもしれませんが、アピール次第で就職できる可能性は純分ありますよ。

就職できないと思って、フリーターに「逃げ」ていることはよくありませんからね。

不安であれば、就職支援サービスを使って就活してみることもオススメですよ。

コメントする

既卒からの就活はどうすればいいの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、既卒ですか?

既卒は新卒に比べると、就職が不利といえます。

ですが、求められることを理解してアピールできることで就職できる可能性は十分にあります。

今回は、既卒が就活するうえで求められることや対策法に迫っていきます。

既卒って何?

既卒とは、学校を卒業してから就職しないで、1~3年くらい立った人のことを言います。

多くは、就職活動したがどこにも受からなくて、そのままずるずるフリーターになっていくケースが多いですね。

新卒だと企業は、大量採用するので就職できる可能性が高くなります。

それは、大量に採用することにより一斉に教えることができるからです。

だから、人件費のコストが安く抑えられます。

教える側は、その間仕事をする手が止まりますから、一気に教えたいわけです。

しかし、既卒になってしまうと「新卒」というブランドの価値がなくなり、フリーター扱いされます。

卒業してから時間がたつにつれて、就職が不利になることは事実です。

既卒が就活するためには、何が必要なのでしょうか?

既卒に求められること

新卒でも既卒でも、未経験であることは変わりありません。

だから、人間性で判断しているのです。

熱意・やる気

まずは仕事をするうえでの熱意ややる気です。

仕事にどうやって取り組んでいきたいか、姿勢があれば、未経験でも早く即戦力なってもらえる可能性だってあるのです。

分からなければ、自分で調べるなり、次からはできるように工夫したりすることです。

一つ一つの考え方が、成長して行くことにつながるのです。

それは、上司や先輩から見ても分かることなのです。

素直さ

未経験だから、教えてもらうことは当然です。

教えてもらう時に、素直に受け入れてやって見ることが大切なのです。

もし、教えたことと違うことをされたらどう思うでしょうか?

恐らく、次からは教えてもらえてもらえないかもしれませんね。

自分のやり方でやれば、ミスをすることが増えてしまいます。

だから、まずは言われたことを言われた通りしてみる「素直さ」が必要なのです。

人間関係

職場において、人間関係が悪くなると連携が取れなくなってミスすることが増えます。

これは、紹介した熱意ややる気、素直さにもつながってきます。

仕事の効率を上げるためにも、人間関係を良好に保てる人を会社は取ります。

紹介したことをアピールしていけば、既卒でも就職できる可能性は高まります。

就活するためのオススメの方法

面接に自信がない人は、就職支援サービスを使ってサポートしてもらうことができます。

就職コンサルタントにみてもらうことで、あなたの強みから自己アピールや使え方などを教えてもらえますよ。

もちろん最初は、不安があるかもしれませんが、あなたのぺースに合わせてゆっくり丁寧にサポートしてもらえるから安心ですよ。

ぜひ、就職支援サービスを使ってみてはどうでしょうか?

きっとあなたの就活が楽になるはずですよ!!

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。