既卒からでも就職できる


既卒と第二新卒の違いは?就職できるの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、既卒と第二新卒の違いが分かりますか?

既卒は、就活が難しいことは確かです。

でも、既卒の良さもあります。

今回は、違いの理解して既卒が就活でできることを紹介していきます。

既卒と第二新卒の違いは?

求人票を見ていると、既卒と第二新卒ってひょ雨季がありますよね。

どちらも同じだと思ってはいませんか?

違いははっきり分かれます。

まず既卒は、社会人経験がなく卒業してから1~3年たっている人のことを言います。

一方で第二新卒は言い方に多少の違いはありますが、社会人経験が3年未満で25~29歳のことを言います。

つまり違いは、社会人経験が少しでもあるかないかということです。

この経験者ということが、採用する時の一つの判断材料になることが多いです。

経験者であれば、入ってから教えることがすくなり、人件費の節約になります。

さらには、即戦力として使えるかもしれないので、第二新卒の方が有利となります。

よくあるのが、忙しかったり教える人がいないために「既卒だと取らないよ」という求人もあります。

だから受けれる求人が少なくなのも事実です。

かといって、就職しないでフリーターのまま20代後半となり、30代に突入してしまうと就職できないことが多いです。

20代であれば熱意ややる気があれば就職は、まだ何とかできますが30代になる未経験者はほぼ採ってくれません。

しかも就職は若ければ若いほど有利になります。

社会人経験を積まないままに、年齢だけを重ねるだけで就職でいない、後戻りができなくなります。

だから、職歴がない状態を作らないようにすることが大事なのです。

既卒は、第二新卒よりも就職が不利と言いますが、良さもあります。

既卒には良さがある

第二新卒だと、経験は少ないものの、仕事のやり方が身に付いているかもしれません。

そのやり方を変えずに仕事をする人も多く、会社にとっては固定概念が嫌という所もあるのです。

既卒は、社会人経験ために会社のやり方に順応できやすいメリットもあります。

後は、熱意ややる気を面接で見せられるかどうかになります。

面接では、就職してからどのような仕事に関わっていきたいか、仕事に対する意気込みを自分なりに伝えていきましょう。

第二新卒よりかはうまく就活ができないかもしれませんが、アピール次第で就職できる可能性は純分ありますよ。

就職できないと思って、フリーターに「逃げ」ていることはよくありませんからね。

不安であれば、就職支援サービスを使って就活してみることもオススメですよ。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。