既卒からでも就職できる


既卒と第二新卒ではどちらが有利?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

既卒と第二新卒の違いは経験があるかないかです。

経験があると教えることが少なくなるので、企業にとっての負担が減ります。

というのも、教えるとなると時間とコストがかかってしまいます。

会社によっては、人手はほしいけど教える時間がないということはよくあります。

ここでいう経験者に当たるのが第二新卒になります。

第二新卒

第二新卒とは、会社に入って社会人経験を重ねたけど3年以内に辞めてしまった人のことを言います。

即戦力

なんといっても経験者ということです。

教えることが少なくて済んで、時間とコストの削減になります。

会社にとっては負担が減って、貢献することができるんです。

ビジネスマナー

社会人経験を積んでいることで、ビジネスマナーが身についています。

これがあることで信頼関係ができやすくなります。

仕事のやり方を理解しているので、仕事を安心して任せることができます。

若さがある

20代という若さがあるので、仕事の覚えが早く理解して仕事に活かすことができます。

さらには、熱意ややる気が感じやすくなって成長するスピードを速いのです。

だから将来性も期待され安くなります。

既卒

既卒は、就職したことがなく1度もなくて、社会人経験がない人のことを言います。

一見第二新卒と比べると、不利な部分が多そうですが既卒ならではのメリットもあります。

まずは、社会人経験がないことで会社の染まっていないことで新鮮さがあります。

何事にも文句を言わずに、まずは挑戦できるという思われてしまいます。

要するに、会社は育てやすい環境といえるのです。

その一方でやはり未経験ということで教えるための時間やコストがかかってしまいます。

一から教えてくれる企業が見つかればいいですけど、即戦力を求めているのなら就職は難しいと思います。

さらには、将来性も考えて若さがないと採ってくれません。

その見分け方として求人を見ればわかります。

未経験者OKと書かれていれば、既卒でも就職できる可能性はあります。

ですが、仕事内容が書かれていてまったくわからない、できないとなると厳しいこともあります。

少しくらいの知識や技術であれば、独学で磨くことができます。

最近では、ネットでググれば勉強できるサイトや動画まであります。

対策していれば、既卒でも就職できる可能性はあるのです。

既卒と第二新卒のどちらが有利かと聞かれると、明らかに第二新卒です。

ですが、既卒でも求人の探し方と対策で、就職できる可能性は高まります。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。