既卒からでも就職できる


既卒でも公務員になることはできるの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、公務員をあきらめていませんか?

公務員は、新卒でも既卒でも30歳までならなれます。

しかも、学歴や規則は関係なく平等に見てもらえます。

今回は、公務員になれる具体的な理由や対策法に迫っていきます。

既卒でも公務員にはなれる

公務員は、普通の会社員と違って若いほうが有利というわけではありません。

公務員試験は、一次試験と二次試験があります。

一次試験は、一般常識・小論文・適性検査といった筆記試験となります。

二次試験は、15~20分くらいの面接になります。

公務員は、30歳までなら、職歴・学歴関係なしに受けることができます。

新卒が有利のように思えますが、既卒でも平等に審査してもらえます。

ここが、一般の会社員と大きく違うところですね。

一次試験では、筆記試験なので対策をいろいろできます。

小論文なら、日ごろ新聞やニュースを見て時事ネタを仕入れて、どんな書き方をしているのか、何を書いたら伝わるのか分かります。

自分でも、その書き方をまれて練習することで、読んでもらいやすい、わかりやすい文章が書くると思います。

適性検査では、自分の考え方やもののみかたといったことが重要になります。

穴tの性格が出やすいところが、対策が難しいですが過去の問題を参考視して対策ができます。

一般常識では、参考書を買って過去問を反復して解くようにしましょう。

初級や中級などあるので間違えないようにしてくださいね。

分かっているかもしれませんが、全く同じような問題は出ないと思うので、傾向を掴んで苦手分野を徹底してやることが重要ですね。

筆記試験は、このように自分なりに対策することができますね。

面接対策はどのようにしたらいいのでしょうか?

面接でもどんなことをアピールしたらいい

まずわかってもらいたいのは、公務員の面接ということです。

公務員は、市民のために働くことがモットです。

だから、就職してからどのように活動していけば、市民の人の助けになるのかということを体験談をもとに話してみましょう。

特に既卒の方なら、フリーターの時に何をしていたかということが大事です。

それには、あなたのアルバイトやボランティア活動などがわかりやすいと思います。

例えば、アルバイトで困っているお客産にどのような対応ができたのか、あなたはどんなことを思って行動できたのかアピールできるといいですよ。

常に、自分が良かったことも大切ですが、相手がどのように思ってもらえたのかということですね。

面接に伝われば、既卒であろうが公務員になれる可能性は十分ありますよ。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。