既卒からでも就職できる


既卒が面接で聞かれることとは?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、面接に苦労していませんか?

既卒は、働いていない期間があることで面接で不利になります。

ですが、フリーターの間に就職するためにアピールをしていくことで、面接を乗り越えることができます。

今回は、既卒が面接で苦労する理由と対策法に迫っていきます。

既卒は面接で苦労する

既卒とは、就職活動はしたけれども失敗して、どこにも就職できなかった人のことを言います。

就職は、若ければ若いほど有利になります。

それは、仕事の覚えがいいとか、働く熱意ややる気が伝わりやすい、なによりも将来性があるということです。

未経験だと教えていかなければならず、コストと時間がかかってしまいます。

ですが、新卒のような若い人は育てる時間が多少かかったとしても、「これから即戦力としてくれたらいい」と企業側も考えてくれます。

しかし、既卒になると働かないまま年齢だけ重ねているので、不採用になることも多いのです。

就職活動で一番難しいことが「面接」で、苦労してしまいます。

では、既卒に面接官はどんなことを聞いてくるのでしょうか?

既卒者が面接で聞かれること

面接官がきいてくる質問には意図があります。

それは、どんなことなの紹介していきます。

空白期間内をしていたか?

就職できない時が長くなれば空白時間も長くなります。

空白期間とは、働いていない期間のことです。

その間、就職するために知識を付けたりだとか、練習を重ねるといった目的を持っているといです。

しかし、何をしないまま時間を過ごしていたとなると、ますます採用してもらえないことが多いです。

志望動機が何なのか?

面接を受けにきた人の中には、志望動機もない人も多いです。

そのような人は、面接官が突っ込んだ質問をすると答えられないことが多いです。

就職して何をしたいのか、どんな仕事をやっていきたいのか自分の考えを持っていることが大切です。

持っていると、就職してからも成長できますし会社のためにも貢献することができますよ。

何でフリーターをしていたのか

就職できなかったらフリーターをする人が多くいます。

しかし、フリーターをしていることからたくさんあります。

例えば、仕事での礼儀やビジネスマナーを身に付けた、正社員で就職するためにスキルアップしていたなどがあります。

就職できるように、フリーターをしてしたことがあれば採用につながりやすくなりますよ。

紹介してきたように、就職できなくて既卒になってしまったからといって、無駄な時間にならないことが大事なのです。

フリーターをやっていたとしても、就職するために必要だったことことが思えるようにしなければいけません。

しっかりアピールできることで、既卒でも面接を乗り越えて就職でることができますよ。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。