既卒からでも就職できる


既卒は未経験なので就職が難しくなる

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、就職活動が上手くいってますか?

学校を卒業して既卒になってしまうと、未経験なので就職が難しくなります。

ですが、若さがあれば就職支援サービスを使うことで、就職できる可能性が高まります。

今回は、既卒が就職が難しい理由や対策法に迫っていきます。

既卒は、未経験だということ

既卒とは、学校を卒業したけど一度も就職出来なかった人のことをいいます。

もちろん未経験なので、企業は教える時間とコストがかかってしまいます。

新卒は、未経験でも大量採用することで、一斉に教えることができるので時間や人件費を抑えることができるので就職しやすくなります。

しかし、既卒になってしまうと一人一人採用する場合がほとんどで、知識が少なくなってしまうので就職することが難しくなります。

結果、既卒になってしまうと就職活動をあきらめてフリーター生活になる人も多くいます。

既卒が就職するためには、何が必要なのでしょうか?

既卒が就職するためには

既卒は、学校を卒業して時間がたってなければ、若さがあります。

企業は、若ければ若い人を取りたがります。

なぜなら、同じ未経験でも若さがあれば、熱意ややる気が伝わってきやすく、教える時間を考えても即戦力として期待されるからです。

それに、上司や先輩からも教えやすくなって、人間関係を良好に築くことができると思われるからです。

そのためには、就職してから何がやりたいのか・どんな仕事に関わっていきたいのか、将来の目標などを持っていることが大事なのです。

これらをアピールしていくことで、面接では熱意ややる気が伝わりやすくなって、未経験の既卒でも「採用してみようか」となるかなるわけです。

ですが、年齢を重ねてしまうと若さがなくなってしまうので、採用してないことも多くなってしまうのです。

若いうちの間に、就職できるように対策を打たなければいけません。

面接でアピールに不安があるあなたは、就職支援サービスを使ってみることがオススメです。

就職支援サービスを使うことをオススメ

就職支援サービスは、一人一人に専門のアドバイザーがついて、正社員で就職できるようにサポートしてもらえるサービスです。

アドバイザーが、あなたとカウンセリングして最適な対策を一緒に考えてもらえますよ。

面接対策では、模擬面接をしてどのようにアピールすればいいのか、受け答えのコツなどアドバイスをもらいながらじっくり練習を積み重ねることができます。

若さがあるうちに、就職活動しておくと未経験の既卒でも就職することができます。

就職活動の方法が分からない、面接に自信がないあなたは、ぜひ就職支援サービスを使ってみてくださいね。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。