既卒からでも就職できる


ニートになったコミュ障でも就職できる

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

最初は、早く就職したいという気持ちがあって、不採用になってもあきらめずに受ける人も多いです。

就職活動が思い通りにいかなかったら少しずつ少しずつやる気がなくなってきますよね。

面接ではいつも同じように不採用通知が届く日々…

それは、コミュ障だと思ってしまう方は言いたいことが伝わっていなかったり、質問にも見当違いの答えをしてしまうからです。

面接官は、コミュニケーションが取れないと判断してしまいます。

企業で一番求めていることは、コミュニケーション能力です。

仕事をするうえで、コミュニケーションがないと連携が取れずミスにつながると思われてしまっているからです。

要するに、仕事ができないと判断されてしまっているのです。

一刻も早く就職したいと思いは強くなって、自分なりに鏡を見て練習したり、録音してどのように聞こえてるか確認して改善するけど結局は同じことが多いです。

それは、自分ができているところとできていないところとの区別ができていないからです。

改善することで、逆に悪くなってしまうケースもあります。

もう自分ではどうしようもない、就職できないとあきらめがちになってしまうのです。

就職活動から逃げてしまって、アルバイト生活で食いつなぐ日々、そればかりか家に引きこもりがちになってしまうことも多いのです。

時間だけ過ぎていくと、年齢を重ねていって就職じだいが難しくなってしまいますよ。

20代であれば熱意ややる気といったことで未経験でも就職することは可能性があります。

ですが、30代を過ぎれば同世代との実力の差が出て、会社としては採用する意味がないと思われてしまいます。

正社員で就職したいのだったら30歳まで、さらに言えば若ければ若いほど就職できる可能性は高まります。

なぜなら、将来性もあり職場関係を築きやすくなるからです。

コミュ障だとおもってしまう方のように一人で就職活動しても思い通りにいかない人は、就職コンサルタントにサポートしてもらうことが一番です。

就職コンサルタントは、これまでに多くの就職支援を行ってきています。

面接でどんなことを言って、気を付ければいいかなど熟知しています。

ですので、アドバイスをもらいながら練習を積み重ねていくことで、就職できる可能性は高まります。

ニートになったコミュ障だと思ってしまう方でも、20代であれば正社員で就職できるチャンスはあるのです。

まぁ大変ではありますが、ぶっちゃけニートから正社員に就職できた人だっているわけです。

就職コンサルタントにアドバイスをもらうには、就職支援サービスに登録することが必要になります。

無料で使うことができるので、ぜひ検討してみてくださいね。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。