既卒からでも就職できる


既卒の年齢制限はいつまで?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、年齢を気にして就活していますか?

既卒になれば、年齢制限があります。

また、30歳を過ぎてしまうと就職できなくなるかもしれません。

今回は、既卒が年齢制限を気にしなければいけない理由を紹介していきます。

既卒の年齢制限はいつまで

既卒は、就職活動をしたけど失敗して、そのまま就職できなかった人のことを指します。

就職が一番有利なのは、新卒だといわれています。

なぜならば、会社は若ければ若いほど、将来性があると判断するからです。

未経験であれば、教える時間とコストがかかります。

その間、会社にとっては利益を上げたいのにできないいわゆる無駄な時間になってしまいます。

会社は、即戦力になる時間を考えると、新卒を採りたいと思ってしまうのです。

また仕事に対して、熱意ややる気を感じられる点もあります。

仕事をして「よしやるぞ」と思える人であれば、自分の成長にもなりますし、会社にとっても即戦力なってk¥もらえる可能性が高いです。

だから将来性を期待して、未経験でも新卒したいのです。

しかし、学校を卒業してしまうと既卒扱いになってしまいます。

紹介したような時間やコスト、将来性が少しずつ薄れてきます。

新卒というブランドはなくなってしまいますが、まだ若さがあるので就職はできます。

既卒でも就職しやすそうなのが、卒業して3年ないといわれています。

それまでは、階差者も採用に前向きになってくれるのです。

26歳を過ぎてくると就職が難しくなってくる

既卒になって3年をしまう26歳くらいから就職が難しくなってしまうのです。

それは、同世代と比較されてしまうからです。

同世代は、就職して3~4年になってきているころです。

仕事もある程度一人でこなせるようになってきて、入った時は一番下だったのに後輩もできてきます。

先輩になって、後輩に仕事も教えてもらうポジションになっているのです。

就職できない既卒と比べれば、実力の差が浮き彫りになってくるのです。

採用と時には、同世代と比較されてしまうので、採用に躊躇してしまう企業も多くなってくるのですね。

ですが、教えればなんとなく企業もあることは事実です。

あなたの、やる気次第で同世代に追いつくこともできるのです。

30歳をすぎると就職できないかも

就職できるはできないかの境目は30歳といわれています。

30歳になると、同世代とは明らかに実力の差が広がってきてしまいます。

そのうえ、仕事を教えることに加えて社員の仕事を管理するポジションを任されえる人も出てきます。

後輩もたくさん増えてきます。

これからも分かるように、30歳を過ぎて未経験だと就職できないかもしれません。

最悪の事態にならないように、既卒でも早めに就職できるように行動することが大切だといえます。

就職には、年齢制限があるものと思って、理解してほしいと思います。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。