既卒からでも就職できる


既卒からの就活はどうすればいいの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、既卒ですか?

既卒は新卒に比べると、就職が不利といえます。

ですが、求められることを理解してアピールできることで就職できる可能性は十分にあります。

今回は、既卒が就活するうえで求められることや対策法に迫っていきます。

既卒って何?

既卒とは、学校を卒業してから就職しないで、1~3年くらい立った人のことを言います。

多くは、就職活動したがどこにも受からなくて、そのままずるずるフリーターになっていくケースが多いですね。

新卒だと企業は、大量採用するので就職できる可能性が高くなります。

それは、大量に採用することにより一斉に教えることができるからです。

だから、人件費のコストが安く抑えられます。

教える側は、その間仕事をする手が止まりますから、一気に教えたいわけです。

しかし、既卒になってしまうと「新卒」というブランドの価値がなくなり、フリーター扱いされます。

卒業してから時間がたつにつれて、就職が不利になることは事実です。

既卒が就活するためには、何が必要なのでしょうか?

既卒に求められること

新卒でも既卒でも、未経験であることは変わりありません。

だから、人間性で判断しているのです。

熱意・やる気

まずは仕事をするうえでの熱意ややる気です。

仕事にどうやって取り組んでいきたいか、姿勢があれば、未経験でも早く即戦力なってもらえる可能性だってあるのです。

分からなければ、自分で調べるなり、次からはできるように工夫したりすることです。

一つ一つの考え方が、成長して行くことにつながるのです。

それは、上司や先輩から見ても分かることなのです。

素直さ

未経験だから、教えてもらうことは当然です。

教えてもらう時に、素直に受け入れてやって見ることが大切なのです。

もし、教えたことと違うことをされたらどう思うでしょうか?

恐らく、次からは教えてもらえてもらえないかもしれませんね。

自分のやり方でやれば、ミスをすることが増えてしまいます。

だから、まずは言われたことを言われた通りしてみる「素直さ」が必要なのです。

人間関係

職場において、人間関係が悪くなると連携が取れなくなってミスすることが増えます。

これは、紹介した熱意ややる気、素直さにもつながってきます。

仕事の効率を上げるためにも、人間関係を良好に保てる人を会社は取ります。

紹介したことをアピールしていけば、既卒でも就職できる可能性は高まります。

就活するためのオススメの方法

面接に自信がない人は、就職支援サービスを使ってサポートしてもらうことができます。

就職コンサルタントにみてもらうことで、あなたの強みから自己アピールや使え方などを教えてもらえますよ。

もちろん最初は、不安があるかもしれませんが、あなたのぺースに合わせてゆっくり丁寧にサポートしてもらえるから安心ですよ。

ぜひ、就職支援サービスを使ってみてはどうでしょうか?

きっとあなたの就活が楽になるはずですよ!!

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。