既卒からでも就職できる


既卒と中途採用の違いは何か?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、既卒と中途採用の違いが分かりますか?

既卒は、学校を卒業してしまっているので中途採用になります。

ですが、若さがあれば新卒採用でも応募できrことがあります。

今回は、既卒と中途採用の違いから見えてくる対策法に迫っていきます。

既卒と中途採用の違いは?

既卒とは、就職活動に失敗して、一度も会社で働いたことのない人のことを言います。

新卒と比べると、就職は不利といえます。

それは、新卒は未経験だけど一度に大量採用することで、教える時間とコストを抑えることができるために就職しやすいといえます。

しかし、卒業して既卒になってしまうと、一人一人採用する形が多く、しかも学校で学んだ知識を忘れていってしまいます。

だから、時間が立てば立つほど不利になってしまいます。

その一方で、若さがあるのでアピールすれば就職できる可能性があります。

既卒のことに触れてきましたが、受け方についてでも大事なことがあります。

それが「新卒採用か中途採用」でいうことです。

新卒採用は、紹介したように新卒に向けて採用することです。

一方で、中途採用は経験者がある方に行われる採用方法です。

経験があることで、企業は即戦力として雇うことができるので、教えることが少なくなり指示した通りの仕事をすることができます。

また、ビジネスマナーや仕事に対する取り組み方が理解できているので、仕事を任せやすいことにもなります。

一方でいいことばかりではなく、同じ会社にずっといることで仕事に対する考え方や固定概念が身に付いていることがあります。

指示したことを無視して自分のやり方でしたり、自分の意見ばかり押し付ける人もいます。

人間関係や職場の空気を悪くしてしまいます。

だから、中途採用は即戦力はあるけど、扱いにくいところもあって不利になることもあるのです。

既卒は、中途採用ではあるけど若さがあるので、教えたことに素直に聞けてやってくれます。

若さから、熱意ややる気が伝わりやすいのです。

既卒はどのように応募したらいい?

既卒は、中途採用で応募しがちです。

確かに、紹介したように中途採用になって、「未経験者OK」「経験不問」と求人もあるので、就職はできます。

新卒採用は、若さがあれば応募することは可能だったりもします。

大量採用すること、既卒でも採用されることはできます。

いずれの応募に関しても、既卒の良いところは若さがあるといいことです。

既卒と中途採用の違いは、経験があるかどうかといえます。

出来る限り早く、就職活動して熱意ややる気を伝えることで就職できる可能性は高まるといえますね。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。