既卒からでも就職できる


既卒が有利とはいいがたい

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

既卒は第二新卒と違う

あなたも就職活動をしているなら既卒と第二新卒の言葉は聞いたことがあるはずです。

既卒は、就職活動したけど内定がもらえなくて、そのまま学校を卒業したままフリーターになってしまった人のことを言います。

一度卒業してしまうと「新卒」というブランドがなくなってしまうことで不利になってしまいます。

新卒であれば、未経験でも大量採用することで教える時間とコストを削減することが可能となります。

また、将来性もあって熱意ややる気を感じやすくなります。

ですが既卒だと、一人一人採用することが多いので時間とコストを考えて新卒より不利な状態といえます。

就職活動でのよく聞かれるワードとして第二新卒があります。

第二新卒は、3年未満でやめてしまっていて経験が少ないです。

ですが、社会人経験をした当いうことでこれまでの経験や実績はあるはずです。

さらには、ビジネスマナーがあることで仕事を楽しやすく任せても大丈夫だろうと思われることもあります。

今後、スキルアップかつ経験があることで転職することができますね。

だから既卒と第二新卒では明らかに就職の難しさに違いが出てしまうのです。

今では、新卒でもない第二新卒でもない既卒は留年とわざとすることがあります。

就職留年とは

就職留年とは、卒業できる単位があるのにわざと留年することです。

留年することで「新卒」のブランドは残るために、就職活動に専念します。

有利になる一方で、学費がかかってしまったり企業によっては履歴書を見れば留年したことがわかるのでつまっれることもあります。

就職浪人とは

就職浪人とは卒業をして、就職活動を続けていることになります。

これが、既卒に当たります。

つまり就職留年と就職浪人だと、新卒というブランドがあるので就職留年のほうが就職に有利といえます。

では就職浪人つまり既卒は就職ができないかといわれるとそうではありません。

会社は、若があれば採ってもらえる企業もあるからです。

それは、若さがあればたとえ未経験でも教えることでスキルを伸ばして成長させることができるからです。

つまり新卒や第二新卒よりかは就職は有利とはいいがたいけど、面接でのアピールすることで就職はできる可能性はあります。

若さがあっての話なので、就職浪人・既卒の方は一日でも早く就職することが必要であるといえそうですね。

面接に行く前には、就職してからどんなことをしたいのか、できることは何があるのかなど考えて熱意ややる気を見てもらえるようにしておきましょう。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。