既卒からでも就職できる


既卒の就活時期はいつからがいいの?

投稿者: hatarakibito, カテゴリー: 既卒

あなたは、いつごろ就活していますか?

時期によっては不採用になる可能性が高くなってしまいます。

既卒が比較的就職できやすい時期は、3月・8~10月になります。

今回は、なぜこの時期が就職しやすいのか理由について紹介していきます。

既卒でも就職はできる

既卒は、学校を卒業してから就活にして1~3年社会で働かずに、25~29歳くらいになった人のことを言います。

もしくは、働いたとしても1年未満で辞めた人です。

いずれにしても即戦力になる人材とは言えないのです。

会社は、できる限り未経験よりも即戦力になる、しかも若い人を取りたがります。

なぜなら、教えるとなったら人件費がかかってくるからです。

これが、新卒だと若いし、仕事の覚えもいいために「育てていこう」となります。

しかも、大量に採用することでコストも低く抑えることができます。

だから既卒というのは、未経験で新卒に比べて若さがなくために、就職は難しいのです。

ですが、既卒でも比較的就職できやすいシーズンがるんです。

就活時期のオススメは3月、8~10月

既卒は、採用している時期は1年中です。

その中でも就職しやすいシーズンに受けることで、採用される可能性が高くなってきます。

それが、3月と、8~10月になります。

まず、3月は4月に新卒が入社することで、既卒でも一斉に教えることができるから、コストを抑えられるからです。

だから、未経験でも熱意ややる気があることで「採用してみよう」となりやすいのです。

次に就職しやすい時期は8~10月です。

4月で入った新卒も、働いてみてやっぱり仕事に向かない、別の仕事をしたいと思う人が出てきます。

そのような人たちが夏くらいにかけて多く辞めていきます。

だから、会社は人手不足になるのです。

また、9、10月くらいにかけて会社によっては人事異動をすることによって、部署によっては欠員が出ることもあります。

そこをなんとかして受けたいために、採用されやすいかもしれません。

逆に、1、2月は就活を避けたほうがよさそうです。

なぜなら、多くの会社が3月を決算時期にしています。

だから1、2月は仕事の忙しくがピークになっていることもあり、面接できたとしても早く終わらされる可能性が高いです。

なにもアピールできないままで終わってしまうから、不採用になりやすいです。

既卒が就活するには3月・8~10月の時期が比較的採用されやすいのです。

1、2月で準備しておいて3月に受けてみることがオススメですよ。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。